医療事務のおもてなしの心が患者の満足度につながる

ネット通販で何かを買う時にはレビューも参考にするという人は多いですね。
飲食店選びでもお客様の声がヒントになることがあります。
医療機関についても口コミやレビューなどを見て選ぶ時代だと言えますね。
誰でも評判の良い病院で診てもらいたいですからね。

一番大事なのは腕の良い医者、患者の立場に立って診察してくれる医者でしょう。
それと同時に看護師や医療事務スタッフの接遇も非常に大きなポイントになります。
先生はいい人なのに窓口が不愛想だったり、事務的で冷たいのはやはり印象が悪いですね。

患者はどこかしら不安や不調を抱えているので、優しく声をかけてもらったり訴えを聞いてくれたりしてほしいものなのです。
中にはイライラしたり怒りっぽくなったり、わがままを言う患者もいます。
そういう場面でも笑顔できちんと対応できなければいけないのです。

医療事務だけに追われるのではなく待合室の患者の様子に気配りするのも仕事です。
医師や看護師には言いにくいことも医療事務スタッフには話す患者も多いです。
そして誠意を持って対応すると必ず感謝の言葉を述べられます。

医療機関もサービス業と同じでいかに患者に居心地よく不安なく居てもらえるかを考えるべきですね。
患者やその家族への言わばおもてなしの気持ちが信頼性につながるわけです。
医療事務の仕事ですがとても人間的なところですね。

あなたも医療事務の資格を取ってみませんか?
医療事務資格

栄養士免許の資格を経てからの管理栄養士免許の取得

高校から専門学校を選択する際、栄養士免許の資格を取得できる学校を探しました。

卒業時には資格を取得し、その資格を生かした就職が出来たらと考えていて、進路担当の先生にも推薦され、無事に合格して、その学校に二年間通いました。

高校と違い、みな資格を得る為に一生懸命な授業態度で、大金を叩いて、自分に吸収させる意欲は他人が敵にさえ思える位でした。

栄養士に必要な基礎から、専門的な今まで耳にしたことない専門的な知識、そして栄養士としての実践的なプログラムと、頭に詰め込むことは山ほどありました。

中でも一番大変だったのが、病院食実習です。患者さんの病気に合わせたトータルメニューを考え、班ごとにそれをつくり、先生に食べてもらい、反省点をまとめ、グループ発表です。

先生は病院からいらっしゃる本当の栄養士さんで、厳しさの中にも役に立つポイントを教えてくれたので、学ぶべき点は多かったです。

こうした勉強の成果を定期テストで確認。卒業試験に合格し、卒業時に晴れて栄養士免許の取得でした。

ここから栄養士として就職し、二年間実務経験を経てから、国家資格の管理栄養士の試験を受ける権利が得られます。

この二年間は働きながら、試験勉強というハードな日々でしたが、自分の資格取得目標に向けて、一生懸命勉強しましたので、一発合格で、管理栄養士の免許も取得できました。

その後もその会社で、資格を生かした労働が出来たので、満足でした。

教員免許を取得した経験(資格取得の参考意見)

私は30数年前に教員免許を取得しました。

この教員免許は教員採用の必要な資格条件であるが、さいよう試験に受かるかは別の問題であります。私が教員免許を取得したのは大学の通信教育でとったのです。

ただこの通信教育は教員免許が取得できるとのことで、教職の単位は創業の単位にはなっていないので、余分なものとして単位をとらなければならなかったのです。

また、教育実習先も自分でさがさなければならないものなのです。

教育実習先の受け入れ校はそこの卒業生でないと受け入れてくれませんので、どこでの良いとはないのです。ただその大学が付属校を持っているとその付属校でもできます。

教員免許を取得するのは、教員養成系の教育学部のある大学に進学するのが良いのですが、教員養成系の学部のない大学でも取得できます。

ただし、余分な単位を取得しなければならないのです。文学部ですとそれほど余分な単位を取得しなくても良いので、国語や社会の教員免許を取得するのには良いとおもいます。

教員免許の資格は採用されるために必要な資格なので、採用試験に向けての勉強がさらに必要になってきます。その採用試験の問題集も書店であつかっていますので、活用すると良いのでしょう。

教員免許は資格を取ったとしても教員にならなければそれ程良い資格ではないように思います。